SDGsとは

SDGsは、前の国際目標の2015年に期限を迎えた国連の「MDGs」からつながった開発目標で、MDGsは開発途上国向けに設定された目標であったため、先進国に向けた世界全体の目標を制定しようということで、SDGSが制定されました。       

SDGsとは、今世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために国連において

世界各国(193カ国)が合意した17の目標と169のターゲットです。

貧困問題をはじめ、気候変動や生物多様性、エネルギーなど、持続可能な社会をつくるために世界が一致して取り組むべきビジョンや課題が網羅されています。つまり今後の地球のあり方を示したゴールのことをいいます。

SDGsは貧困、飢餓といった開発途上国に寄った課題だけでなく、気候変動、イノベーション、働きがい等、先進国の課題も内包する広範囲な目標である。また、SDGsはすべての人々にとって「どういう状態になっているべきか」という成果目標であす。つまり、SDGsは2030年の世界のあるべき未来を定義し、全世界が合意した未来像なのです。成果を達成するために、課題解決のために企業や個人の活動、取り組みが必要です。SDGSを本格的に知りたい方はこちら:

17の目標:誰一人取り残されないよう世界で起こっている問題を17個書き表わした物。

169のターゲット:それらを達成するための具体的なターゲット

232の指標:ターゲットのさらなる詳細版である数値目標が書かれている。

169のターゲット目標1〜6を見たい方はこちら:169のターゲット目標7〜12を見たい方はこちら:169のターゲット目標12〜17を見たい方はこちら

今後、SDGsはあらゆる国際機関で踏襲され「主流化」が進みます。近々の日本との関連では、2020年東京五輪・パラリンピックの調達・運営ルールではSDGsが基準になっています。大阪招致が決まった2025年万国博覧会でもその主たる目的はSDGsの実現への貢献です。

なぜSDGs?

そもそもSDGSは国連において日本の政府も合意した目標なので、

約束を2030までに守らなければなりません。

企業が取り組む理由:日本の企業数の99%、従業員数でも約70%を占める中小企業がSDGSに取り組むことによってSDGsの達成に多く貢献できます。

またSDGSを使うことで企業の信頼や知名度が高まり、自社事業をSDGsの目標と結びつけることで、社会課題への対応のアピールになります。

中小企業がSDGsに取組む際に資金の不足は大きな課題です。そのため、企業向けに支援金を出しています。次世代に受け継ぐべき持続可能な社会は、中小企業のビジネス自体が「持続可能」なものにする支援です。

SDGsのプロジェクト支援金一覧↓

一般社団法人SDGs支援機構 https://sdgs-support.or.jp/

JICA国際協力機構 https://www.jica.go.jp/chotatsu/bvs/2019/index.html

SDGSジャーナル https://sdgs-support.or.jp/journal/

関東経済産業局 https://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/seichou/sdgs_shien_model.html

SDGS活動支援センター  http://sdgs.or.jp/

DMP  SDGsコーポレーション

DNP SDGsコーポレートコミュニケーション支援サービス | ソリューション/製品・サービス | DNP 大日本印刷

安倍総理大臣SDGSステートメント

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/pdf/000101403.pdf

しかし問題なのはいつ、誰が、どこで、何をすればいいのか明確ではないため取り組めないのが現状にあります。

この問題を解決したページはこちら:

記事投稿者
加藤陽菜

中3のかとひなです!
今はボランティア団体の運営と国連大使をやってます。
多くの人と繋がりたいです!!
趣味はサックス吹いたり、絵を描いたり、たまに踊ったり泳ぎます。
企業との電話での交渉や返事の来やすいメールの仕方を教えます。
いつでも連絡待ってます。

加藤陽菜をフォローする
SDGs 国際問題 ニュース
シェアする
icolle

コメント

タイトルとURLをコピーしました