『SDGs・ESDでユースと創る未来』

第3回地域フォーラム『SDGs・ESDでユースと創る未来』 のご案内を転載します。

SDGs・ESDでユースと創る未来
~2030年、さらにその先の未来社会を、ユースとともに考える~

令和2年1月26日(日)13:00~16:30
@東京ウィメンズプラザ ホール(東京・青山)
https://kanto.esdcenter.jp/kanto-esd_rf2019/

【企画趣旨】

 国連が2015年に定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」は、世界の諸課題に対して17の目標を設定し、2030年までに解決することを目指しています。昨今、教育の現場でもSDGsに注目し、課題解決型の学習(PBL)などの取り組みが増えてきました。今回の関東ESD推進ネットワーク地域フォーラムでは、関東地方の地域ESD拠点の活動を深掘りするとともに、そうした取り組みをどうやって全世代に広げていくかを考える場にしたいと思います。

 関東ESDセンターでは今年度、中高生がSDGsについて考える“SDGs文化祭”の開催に協力し、ユースが参加する機会を設けてきました。SDGsは、よりよい未来のための取り組みであり、ユース世代はまさに未来の担い手です。今後、SDGsを推進するには、ユースと一緒に作っていくプロセスが重要ではないでしょうか。今回のフォーラムではユース世代にも参加を呼びかけ、「ユースと創る未来」を皆さんで考えたいと思います。SDGs・ESDの推進に関わるヒントや人との出会いが数多くある場となりますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【開催概要】
・日時:令和2年1月26日(日)13:00~16:30
・場所:東京ウィメンズプラザ ホール・視聴覚室 (東京都渋谷区神宮前5丁目53-67 コスモス青山B1F)
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx
・対象:SDGs・ESDにご関心のある行政、NPO、学生(小中高大)、企業の方など
・定員:100名(無料・要申込、懇親会参加費:1,000円(学生500円))

■プログラム

13:00 開会挨拶(環境省関東地方環境事務所)
13:03 趣旨説明、最近のESD等の動向(関東ESDセンター)
13:15 事例紹介
1:地域の歴史を学び、未来へとつなげる学び
 かつて公害の発生で苦しんだ地域が、それを克服し再生した経緯を学び、地域の未来を考える学習を進めています。
・山崎 陽氏 〔(一社)あがのがわ環境学舎〕 <地域ESD拠点・新潟>

2:足元の地学から防災へ、多世代で学んで実践へ
 自分が住んでいる地域の地形や地学的な歴史を知ることは、市民の実践的な防災活動につながります。地域の若者と高齢者のつながりをつくり、土地を知る講座から実践を生み出していく試みです。
・北川 有紀氏 〔ほどがや市民活動センターアワーズ〕<地域ESD拠点(申請中)・神奈川>

3:地域・分野を越えて社会的ケアをプロデュース
 音楽による認知症ケアや、里山を守りながら高齢者や障がい者の居場所や働く場づくりなど、様々なSDGs課題を解決する仕組みを作っています。
・上岡 裕氏 〔NPO法人エコロジーオンライン<地域ESD拠点・栃木>

4:学校の内外で進める様々な学びの形
 学校内では、企業と連携したり映像制作を通じてESD/SDGs学習を推進し、さらに学校での学びの機会として、SDGs文化祭を開催しました。
・佐藤 駿介氏 〔晃華学園〕<地域ESD拠点・東京>〔(一社)ESD TOKYO共同代表 〕

13:50 トークセッション「ユースが考えるSDGs」
 SDGs文化祭で、SDGsについて学び、何が出来るかを考えた中高生によるセッション。彼らが何を感じ、これからどのように生きていきたいのかを語ります。
14:10 休憩・移動
14:20 分科会
 事例紹介1~4について、ユースも交えてさらに深く掘り下げるワークショップを実施。
ゲスト:事例紹介講師
16:00 全体報告
16:30 終了
※17:00~18:30 懇親会(参加費=大人:1,000円、学生:500円)

■お申込方法

〇webフォームでのお申込
https://epc.or.jp/contact/1716

〇FAXでのお申込
下記よりチラシをダウンロードして、03-6427-7976へお送り下さい。https://kanto.esdcenter.jp/kanto-esd_rf2019/

【お問合せ先】
関東地方ESD活動支援センター 担当:伊藤、島田
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B1F
TEL:03-6427-7975
FAX:03-6427-7976
kanto@kanto-esdcenter.jp
http://kanto.esdcenter.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました